Archive | Year in Review RSS feed for this section

Year in Review 2018

30 Dec

【2018年の米国IPO】

2018年の米国IPOは191社で前年から19%ほど増加しました。マクロ経済指標の改善、低金利の継続(緩やかな利上げ)、大手IT企業の好業績、法人減税や規制緩和による、堅調な株式市場を背景に、主としてバイオ、テクノロジー、中国企業のIPOが市場を牽引しました。

しかし、第3四半期は、さらなる利上げの景気への影響、米中貿易摩擦、大手IT企業の成長鈍化といった懸念を背景に、株式市場は弱気相場に入り、ホリデーシーズンもあって、株式公開は減少、IPO後の平均リターンも悪化しています。

2018年は20社を超えるユニコーン企業が株式公開しました。なかでも音楽配信のSpotifyは投資銀行が関与せず資金を調達せず上場(Direct Listing)して話題となりました。2019年はUber、Lyft、Slack、Airbnb、Palantir、Pinterest、Postmates、InstaCartなどのIPOも期待されています。

IPO件数: 191社(2017年は160社;2016年は105社;2015年は170社)*
IPO調達総額: $47B(2017年は$36B;2016年は$19B;2015年は$30B)
IPO後の平均リターン: マイナス18%(2017年は35%;2016年はマイナス0.5%;2015年はマイナス2%;2018年のS&P500はマイナス6%)**

* 2018年の日本のIPO件数は97社(2017年は90社;2016年は83社;2015年は104社)

** Renaissance US IPO Index:直近2年間の米国IPO銘柄について時価総額ベースで上位80%を加重平均した指標(米国投資顧問会社の上場投資信託商品);2018年12月28日引値ベース

【2018年の未公開企業の資金調達】

2018年(第3四半期まで)のVC投資総額は$84Bだった。前年を38%ほど上回るペースである。ただし、大型案件に集中する傾向もあり、投資件数は6,583件とさほど増えていない。

ご参考:米国VC統計チェック

【2018年の米国VC投資先のExit】

2018年(第3四半期まで)のVC投資先Exitは637件となっている。昨年を2割ほど上回るペースである。うちIPOは68件で全体の1割強を占めた。

2018年(通年)の大型IPO案件は、Spotify(時価総額$32B)、Dropbox($7.5B)、Moderna($7.5B)、 SolarWinds($4.7B)、DocuSign($4.1B)、Elastic($2.5B)、Tenable ($2.1B)、Pluralsight($2B) 、Allogene($2B)、Anaplan($1.9B)、Eventbrite($1.8B)、Zscaler($1.6B)、Bloom Energy($1.6B)、Rubius($1.6B)、Guardant($1.6B)、Upwork($1.6B)、Sonos($1.5B)、Zuora($1.4B)、Arlo($1.4B)、Smartsheet($1.3B)、SurveyMonkey($1.2B)、Orchard($1.2B)、など。

ご参考:テックIPOレビュー

2018年(通年)の大型M&A案件は、SAP/Qualtrics(買収価格$8B)、Microsoft/GitHub($7.5B)、Cisco/Duo Security($2.4B)、AT&T/AppNexas($2B)、Fortive/Accruent($2B)、Workday/Adaptive Insights($1.6B)、Blackberry/Cylance($1.4B)、Amazon/Ring($1.2B)、Alexion/Syntimmune($1.2B)、など。

ご参考:テックM&Aレビュー

データ出典:National Venture Capital Association、Reneissance Capital、米国IPO週報

* 米国IPO週報をメールで配信しています。こちらの無料購読フォームからご登録ください。
http://eepurl.com/dNwczs

Year in Review 2017

29 Dec

【2017年の米国IPO】

2017年の米国IPOは、低水準だった2016年から件数ベースで1.5倍と増加に転じており、2015年に近い水準にもどった。マクロ経済指標の改善、低金利の継続(緩やかな利上げの見通し)、大手IT企業の好業績、法人減税への期待などによる、堅調な株式市場を背景に、主としてテクノロジー、バイオ、中国企業のIPOが市場を牽引した。

引き続き、株式市場における時価総額の期待値が、一昨年頃まで加熱していたVC投資の仕入れ値に見合わないため、いわゆるユニコーンたちのIPOが停滞している。とりわけ、2017年前半のSnapやBlue Apronの大型IPOとその後の低迷は年間を通じてネガティブな影響を与えたと考えられる。2018年はLyft、Pinterest、DropboxなどのIPOが期待されている。

IPO件数 160社(2016年は105社;2015年は170社)*
IPO調達総額 $36B(2016年は$19B;2015年は$30B)
IPO後の平均リターン** 35%(2016年はマイナス0.5%;2015年はマイナス2%;2017年のS&P500は21%)

* 2017年の日本のIPO件数は90社(2016年は83社;2015年は104社)

** Renaissance US IPO Index:直近2年間の米国IPO銘柄について時価総額ベースで上位80%を加重平均した指標(米国投資顧問会社の上場投資信託商品)

【2017年の未公開企業の資金調達】

2017年(第3四半期まで)のVC投資総額は$61Bだった。前年を1割近く上回るペースである。ただし、大型案件に集中する傾向もあり、投資件数は5,948件と減少傾向にある。

ご参考:米国VC統計チェック(2017年 Archive)

【2017年の米国VC投資先のExit】

2017年(第3四半期まで)のVC投資先Exitは530件となっている。昨年と同水準のペースでやや低調である。

各四半期の大型IPO案件は、Snap(Q1、時価総額$19.7B)、Blue Apron(Q2、$1.9B)、Roku(Q3、$1.3B)、Stitch Fix(Q4、$1.8B)など。

ご参考:テックIPOレビュー(2017年 Archive)

各四半期の大型M&A案件は、Intel/Mobileye(Q1、買収価格$15.3B)、PetSmart/Chewy(Q2、$3.5B)、Sage/Intacct(Q3、$850M)、Toutiao/Musical.ly(Q4、$800M)など。

ご参考:ベンチャーM&A(各月の大型案件;2017年)

データ出典:National Venture Capital Association、Reneissance Capital、米国IPO週報

* 米国IPO週報の要約版(無料ニュースレター)をメールで配信しています。
まぐまぐ!」で登録できます。

 

 

 

 

 

 

米国VC統計チェック – 2016年(通年)

19 Jan

【米国VCファンド募集】

2016年のファンド募集総額は$42Bとなった。前年から2割ほど増加した。ただし、2016年のQ2をピークにQ3、Q4と減少傾向にあり、3年続いたファンド募集ラッシュは一段落したとみられる。

【米国VC投資活動】

2016年のVC投資総額は$69Bとなった。前年から13%近く減少した。歴史的には引き続き高水準にあるが、投資金額は2四半期連続、投資件数は6四半期連続で減少している。

【米国VC投資先Exit】

2016年のVC投資先Exitは726件だった。好調だった2014年の1,040件から、2015年の941件に続いて、通年で減少となった。IPOが激減している一方、M&Aは比較的堅調である。

各四半期の大型IPO案件は、BeiGene(Q1、$158M調達)、Twilio(Q2、$150M)、Nutanix(Q3、$238M)、Coupa Software(Q4、$133M)など。

各四半期の大型M&A案件は、IBM/Truven Health Analytics(Q1、買収価格$2.6B)、Tencent/Supercell(Q2、$8.6B)、Walmart/Jet(Q3、$3.3B)、Allergan/Chase Pharmaceuticals(Q4、$1B)など。

* NVCAの統計データのパートナーが変わったため、以前の数字との整合性は必ずしもありません。

データ出典:National Venture Capital Association

Year in Review 2016

30 Dec

【2016年の米国IPO】

米国IPOは2014年を直近のピークとして減少傾向が続いている。2016年は、件数ベースで2009年以来、調達総額ベースで2003年以来の低水準となった。要因として、第1四半期の株価低迷、英国のEU離脱決定、米国の大統領選挙、大型テクノロジー案件の不在、など。株式市場における時価総額の期待値が、加熱していたVC投資の仕入れ値に見合わないため、いわゆるユニコーンたちのIPOが停滞している。業種別では、前年に引き続き、バイオなどヘルスケア関連IPOが市場を牽引した。ちなみに、2016年の日本のIPO件数は83社(2015年は104社)だった。

IPO件数 105社(2015年は170社)
IPO調達総額 $19B(2015年は$30B)
IPO後の平均リターン* マイナス0.5%(2015年はマイナス2%;2016年のS&P500は9.5%)

* Renaissance US IPO Index:直近2年間の米国IPO銘柄について時価総額ベースで上位80%を加重平均した指標(米国投資顧問会社の上場投資信託商品)

【2016年の未公開企業の資金調達】

2016年(第3四半期まで)のVC投資総額は$56Bとなっている。前年を2割近く下回るペースである。歴史的には引き続き高水準にあるが、投資金額は2四半期連続、投資件数は5四半期連続で減少している。 (NVCAの統計データのパートナーが変わったため、以前の数値との整合性は必ずしもありません。)

【2016年の米国VC投資先のExit】

2016年(第3四半期まで)のVC投資先Exitは535件となっている。

好調だった2014年の1,027件から、2015年の940件に続いて、通年で減少となる可能性が高い。2015年に比べて、IPOが激減している一方、M&Aは比較的堅調である。

各四半期の大型IPO案件は、BeiGene(Q1、$158M調達)、Twilio(Q2、$150M)、Nutanix(Q3、$238M)など。

各四半期の大型M&A案件は、IBM/Truven Health Analytics(Q1、買収価格$2.6B)、Tencent/Supercell(Q2、$8.6B)、Walmart/Jet(Q3、$3.3B)など。

データ出典:National Venture Capital Association, Reneissance Capital IPO Center

 

 

米国IPO市場動向チェック – 2016年(YTD)

10 Oct

【2016年1~9月の米国IPO】

IPO件数 81社(2015年1~9月は139社)
IPO調達総額 $13B(2015年1~9月は$24B)
IPO後の平均リターン 0.62%(2015年1~9月のS&P500のリターンは5.4%;2015年はマイナス2%;2015年のS&P500のリターンは マイナス0.8%)

・米国IPO減少の背景は、英国EU離脱問題、米国の利上げ観測、中国経済の減速、原油安(エネルギー関連銘柄の減少)、IPOの代替手段としての大型未公開ファイナンスやM&A、など。
・業種別では、ヘルスケア、テクノロジ、金融関連IPOが市場を牽引した。ただし、バイオなどヘルスケアは、件数はテクノロジの倍だが調達総額は同水準で、小型案件が多くなっている。

* 2016年1~9月の日本のIPO件数は58社(2015年は104社)だった。

Year in Review 2015 – Update

10 Feb

【2015年の米国IPO】

IPO件数 169社(2014年は273社)
IPO調達総額 $30B(2014年は$85B)
IPO後の平均リターン マイナス2%(2014年は21%;2015年のS&P500のリターンは マイナス0.8%)

・米国IPO減少の背景は、米国の利上げ懸念、中国経済の減速、原油安(シェール関連銘柄の減少)、IPOの代替手段としての大型未公開ファイナンスやM&A、など。
・とりわけ8月から9月にかけての株式市場の調整によりIPOパフォーマンスが悪化したことから後半も伸び悩んだ。
・業種別では、前年に引き続き、バイオなどヘルスケア関連IPOが市場を牽引した。

* 2015年の日本のIPO件数は104社(2014年は86社)だった。

【2015年の未公開企業の資金調達】

2015年のVC投資総額は$59Bだった。過去20年間で2番目の高水準となった。ただし、第4四半期は前期に比べて金額ベースで32%減、件数ベースで16%減となった。→ 米国VC統計チェック

【2015年のVC投資先IPO】

2015年のVC投資先IPOは77件だった(前年は117件)。

各四半期で最大のVC投資先IPO(調達金額)
Q1 Box($201M)
Q2 Fitbit($841M)
Q3 Sunrun($251M)
Q4 Atlassian($531M)

【2014年のVC投資先M&A】

2015年のVC投資先M&Aは372件で(前年は486件)、2009年以来の低水準となった。

各四半期の大型案件(買収金額)
Q1 Under Armour/Myfitnesspal($475M)
Q2 Linkedin/Lynda.com($1.5B)
Q3 EMC/Virtustream($1.2B)
Q4 Pandora/Ticketfly($480M)

データ出典:National Venture Capital Association, Reneissance Capital IPO Center

Year in Review 2015

1 Jan

【2015年の米国IPO】

IPO件数 169社(2014年は273社)
IPO調達総額 $30B(2014年は$85B)
IPO後の平均リターン マイナス2%(2014年は21%;2015年のS&P500のリターンは マイナス0.8%)

・米国IPO減少の背景は、米国の利上げ懸念、中国経済の減速、原油安(シェール関連銘柄の減少)、IPOの代替手段としての大型未公開ファイナンスやM&A、など。
・とりわけ8月から9月にかけての株式市場の調整によりIPOパフォーマンスが悪化したことから後半も伸び悩んだ。
・業種別では、前年に引き続き、バイオなどヘルスケア関連IPOが市場を牽引した。

* 2015年の日本のIPO件数は104社(2014年は86社)だった。

【2015年の未公開企業の資金調達】

2015年(第3四半期まで)のVC投資総額は$47Bとなっている。四半期ベースでは7期連続で$10Bを超えており、ベンチャー投資活動は引き続き活発といえる。→ 米国VC統計チェック

【2015年のVC投資先IPO】

2015年(第3四半期まで)のVC投資先IPOは59件となっている。

各四半期で最大のVC投資先IPO(調達金額)
Q1 Box($201M)
Q2 Fitbit($841M)
Q3 Sunrun($251M)

【2014年のVC投資先M&A】

2015年(第3四半期まで)のVC投資先M&Aは258件となっている。

各四半期の大型案件(買収金額)
Q1 Under Armour/Myfitnesspal($475M)
Q2 Linkedin/Lynda.com($1.5B)
Q3 EMC/Virtustream($1.2B)

データ出典:National Venture Capital Association, Reneissance Capital IPO Center